Apex 射撃場
日本時間の2019年11月6日より、バージョン3.1のアップデートが適応されています。
射撃場の追加、武器の当たり判定の変更、クリプトの変更、バグ修正など、様々な変更が入りました。

目次

射撃場が追加

  • 分隊で射撃場に行くことができるようになりました。
  • 任意のレジェンドを選択できるようになりました。
  • 全ての装備品を利用できるようになりました。
  • 射撃練習用のダミー人形が追加されました。
これまで、色々な要素が不足していた射撃場ですが、今回のパッチで出来ることの幅が広がりました。

武器に関する変更

ウイングマン
  • ヘッドショット倍率が2.15倍から2.1倍に変更。

弾の当たり判定を拡大
下記の武器は、弾の当たり判定が大きくなって当てやすくなりました。
  • 全てのショットガン
  • L-STAR
  • スナイパーライフル(ロングボウ、クレーバー、G7スカウト)
L-STARがされに強化されたので、光を浴びるときが来たかも?

レジェンドの修正

クリプト
  • EMPが、ドロップしたプレーヤーのアーマーにダメージを与えるようになりました。
    (アーマーを脱ぐことによるダメージ回避ができなくなりました)
  • ドローン操作中にライフラインのドローンの回復を受けられるようになりました。
  • 味方のコースティックガスで、ドローン操作を中止しないようになりました。
バンガロール
  • アルティメットのミサイルが列車に着弾したときに、時々消えてしまうバグを修正しました。

その他の変更

ランクモードのペナルティ条件変更
プレーヤーが死亡してバナーが拾われてから2分半経過すると、マッチ退出のペナルティを受けなくなりました。
ペナルティがある場合は警告が表示されます。二枚目の画像の様になっていればペナルティを受けません。
Apex ランクペナルティありApex ランクペナルティなし
チャレンジの難易度調整
デイリーチャレンジが、簡単、普通、難しいの難易度で、バランスよく提供されるようになりました。

レジェンドトークンでチャレンジの変更ができるようになりました。
1回目:200レジェンドトークン
2回目:500レジェンドトークン
3回目以降:1000レジェンドトークン
で、チャレンジの変更が可能です。コストは毎日リセットされます。

マッチ開始フローの変更
  • レジェンド選択前の、キャラクタースポーンを消去。
    (いままで、コースティックの咳が聞こえたりしていた)
  • レジェンド選択前の5秒間待機を消去。
  • プレイヤー待ちの間、ゲームの世界が表示されるようになりました。Apex 3.1パッチ 待機画面

インベントリで、分隊員が使用している弾の種類を確認できるようになりました。Apex 3.1パッチ 弾表示

ドロップ時に、ミュージックパック名が表示されるようになりました。デフォルトの場合は表示されません。Apex 3.1パッチ BGM表示

コントローラーのカーソル速度が変更可能になりました。
コントローラー使用時にカーソルが表示される全ての場面で、カーソル速度が変更できます。

コントローラーで、dpadを押し続けることで、quiq wheelを開くことができます。

クイックチャットのキーバインドが割り当てられていない場合、自動でF1に割り当てられるようになりました。(F1が割り当てられていない場合)

バグ修正

  • 列車が移動中にプレイヤーを蘇生したときに、その場に留まってしまうバグを修正。
  • 存在しないルートが表示されていた、ミニマップのレイアウトを変更しました。
  • カウントダウンタイマーなして、戦闘区域外にドロップできるバグを修正。
  • 溶岩が無いのに、溶岩ダメージを受けてしまうエリアを修正。
  • バトルパスレベル獲得時の表示を修正。

重大バグ発生中

ゲーム開始前に格闘攻撃が可能で、他プレイヤーにダウンさせられてしまうバグが発生中の様です。
2019/11/07に修正されました。
ゲーム前格闘キルバグ
ドロップ前なのに、このようにログが流れます。
チャンピオン表示の時に、自分も格闘キーを押してみると格闘攻撃のボイスが出ていました。

重大なバグなのですぐに修正されると思われます。

スポンサードリンク