logicool g402
久しぶりにマウスを買い替えて、それと一緒にマウスパッドも購入したので、少しばかりレビューします。

購入したのは、以下の2つです。
  • Logicool G402
  • SteelSeries QcK mini ゲーミングマウスパッド
箱はこんな感じです。
Logicool G402 写真 (3)

目次

購入に至った経緯

マウスを買い替えようと思った理由は、使っていたマウスの左クリックが死んできたからです。

最近、Apex熱が再燃して、頻繁にプレイしているのですが、銃を撃とうとしてクリックしたけど弾が出ないということが、たびたび起こったのでマウス買い替えを決めました。

これまで使ってきたマウスはこちら。
Logicool G402 写真 (4)
ロゴを見るとわかるように、ドスパラのGALLERIAシリーズ付属のマウスです。
一応サイドボタン付き、DPIも変更可能で、普通にゲームする分には問題ありませんでした。

自分が使用する際は、DPIは標準の800でしようしていました。
DPIを変更するとマウスが光ってうざかったです。

このマウスは、新しいマウスが届く直前、最後にApexでチャンピオンを取って役目を終えました。

SteelSeries QcK mini ゲーミングマウスパッド

まず、マウスパッドをサッと紹介します。

SteelSeriesのおそらく一番小さいサイズのマウスパッドを購入しました。
サイズは25cm x 21cmです。

見た目はこんな感じです。
Logicool G402 写真 (5)
細長い箱に、巻いた状態で入っていたので、広げてすぐは端がすこし丸まっています。
中央部分は、平らなのですぐ使っても問題はありません。丸みはいつかなくなるでしょう。

自分がマウスを使う範囲ではこれで十分だったので、こちらのサイズを選びました。
マウスパッド自体が滑ることもないので、満足しています。

Logicool G402

次は、本命のG402です。
なんだかんだ、ゲーミングマウスと銘打たれているマウスを買うのは初めてです。
有線タイプのゲーミングマウスです。(無線は高いので今回はやめました)

本体はこんな感じ。
Logicool G402 写真 (6)
本体は縦に長めです。
GALLERIAマウスと比べると縦幅は大きいです。

ケーブル長は2.1mで十分長いです。
私は、パソコンを左側に床置きしていますが、それでも余るくらいの長さです。

ボタン数は8個。
普通のマウスボタンに加えて、サイドボタンが5つあります。
ボタンは専用ソフトウェアで、設定できます。(後述)

接続するとこんな感じで、ロゴが光ります。
Logicool G402 写真 (1)
左右のクリック、サイドボタンは、押すとカチッと音がなって、いいクリック感あります。
ホイールボタンは、ちょっと硬めな感じがします。
ホイールを転がすと、こりこりして、回転してる感があります。
スポンサードリンク

Logicool G HUB

Logicoolのゲーミングマウスは、専用ソフトウェアの「G HUB」を使用することで、細かく設定できます。
公式サイトからダウンロードできるので、インストールします。

ソフトを起動すると自動でマウスを認識してくれます。
使用しているのはG402なので正しく認識しています。
G HUB トップ画面
接続されているマウスに応じた設定ができます。
本体LEDの色、各ボタンの割り当て、DPI設定が変更可能です。

LED設定

このマウスは、ロゴ部分が光るので、LEDの色を設定できます。
G HUG LED設定
LEDの色は青のみなので、色は明るさのみ変更可能です。
固定色発光、点滅発光、発光オフの3種類設定できます。

ボタン設定

各ボタンを自由に設定できます。G HUB ボタン設定
割り当てできるものが、色々あるのでよくわかりませんが、なんでも設定できるって感じです。

画面右側の項目をクリックすることで、それぞれのボタン割り当てや無効かなどができます。
画面は5個しかボタンが表示されていませんが、矢印でページを切り替えることで、残りのボタンの設定をできます。

DPI設定


ゲーミングマウスでは重要な、DPIの設定です。
最大4000まで、DPIを設定可能です。G HUB DPI設定
4種類のDPIを50単位で自由に設定できます。
サイドボタンを押すことで、DPIを変更できます。

黄色マークの設定値は、一番下のサイドボタンのDPIシフトで切替されるDPI数値です。

アプリケーションごとの設定

アプリケーションごとに設定を切り替えることも可能です。
G HUG アプリ設定
プレイしているゲームそれぞれに設定ファイルを作って、各種設定を適用できます。
ゲームそれぞれでやりたいことが変わったりする人には、うれしい設定です。

私の設定と使ってみた感想

DPI設定

最近は、Apexしかやっていないので、Apex基準で設定していきました。

元々のマウスはDPI800、ゲーム内マウス感度を2.4でプレイしていました。

このマウスは最大DPIが4000で元の5倍あるので、4000に設定した場合、以前と同じ感度にするには、ゲーム内感度を5分の1にする必要があります。

2.4を5で割ると0.48になりますが、Apexでは、0.1単位でしか感度を設定できません。
(数値入力すると設定できるが、次起動すると0.1単位になってる)

設定できる範囲で一番近い値が0.5なので、そう設定したらいいように思いますが、DPI4000だと、0.02の違いでも結構な差がでます。

そのため、DPI側を調整して感度を合わせました。
こんな感じで計算して、DPIを設定しました。

2.4(元のゲーム内感度) ÷ 0.5(設定したゲーム内感度) = 4.8
800(元のDPI) x 4.8 = 3840(設定するDPI数値)

実際に設定できるDPIは50ずつなので、3850に設定しました。
これで、前とほぼ同じ感度に設定できます。

ボタン設定

ボタン設定は、ほぼ基準のままですが、DPIシフトボタンのみ無効化してます。
G HUB DPIシフト
このボタンは、使用中に間違って押してしまうことがあるので、無効にしました。
DPIシフトの値を3850に設定したので、押したとしても問題ありませんが、急にDPIが変わったりすると困るので、一応無効化しました。

アプリケーションごとの設定

アプリケーションごとの設定は使っていません。
設定が面倒くさいし、よくわかりませんでした。

各設定値を固定化して、どの状況でも同じ設定が適用されるようにしました。
各設定の右上にあるカギマークが閉まっている状態にすることで、設定を固定化できます。
G HUB 設定固定

使用感

色々試しながら設定して、しばらく使用してみましたが、とても満足しています。
元のマウスが大したものじゃなかったので、前より悪いことはまずないですね。

だだ、DPIシフトボタンは別の場所の方がよかったですね。
押す気が無くても押してしまうことがあるので、標準設定のままだと、DPI800に設定されて急にマウス感度が落ちて困ります。
設定の変更は必須だと思います。

マウスの重さも特に私は気になりませんでした。
有線式なので、電池もありまえんからね。

前のマウスと反応がちょっと違ったり、マウスパッドを使ってゲームをプレイするのが初めてだったので、慣れるまでは少しかかりそうです。

スポンサードリンク