Apex ピースキーパー弱体化 サムネ 文字入り
先日、ショットガンについての紹介を書いて、ピースキーパーは少し弱体化したほうがいいなと思っていたら、さっそく弱体化が入りました。

ショットガン紹介記事はこちら。

目次

変更内容

次弾射撃間隔が1.1秒から1.2秒に増加

一発目を撃った後、次の射撃を行うまでの時間が1.1秒から1.2秒に増加しました。

要するにコッキングの時間が長くなっています。
この変更で、ボルトを着けた際の速度にも調整が入っていると思われます。

ヘッドショット倍率が1.5倍から1.25倍に減少

ヘッドショット時のダメージ倍率が1.5倍から1.25倍に減少されました。
これにより、一発で出る最大ダメージが137.5となる計算になります。

公式情報

公式Twitterのアナウンスはこちらです。

ダメージ検証

射撃練習場にてダメージを検証してみました。

全弾ヘッドショットだった場合

ダミー人形に全弾ヘッドショットを入れた場合、143ダメージが出ました。
143ダメージ ÷ 11発 = 13ダメージとなるので、一発13ダメージ入っています。
Apex ピースキーパー弱体化ダメージ検証 (3)

的に撃った場合、132ダメージ出ました。
132ダメージ ÷ 11発 = 12ダメージとなり、こっちは一発当たり12ダメージになっています。
Apex ピースキーパー弱体化ダメージ検証 (2)

計算上は、1発10ダメージ x 1.25 = 12.5ダメージなので、ダミー人形は小数点切り上げ、的は小数点切り捨てでダメージが計算されているようです。

レジェンドによって+10%や-15%の倍率でダメージ計算されるため、さらにここからダメージが変化するので、実際のダメージがどうなるかは分かりません。

感想

一応、こんな感じで弱体化が入りましたが、まだ十分ではない気がします。

射撃間隔を長くしても、元々最大レート撃つような使い方はしていないと思うので、あまり今回の調整は意味がないように感じます。

ヘッド倍率の低下はダメージが出辛くなるので、確かに弱体化されていると思います。

スポンサードリンク